Share This Post

i-Sayamaからのお知らせ

狭山 もち米の田植え 小学生が体験

狭山市下奥富の市立奥富小学校(小峰正司校長)の5年生児童58人が2日、学校近くの田んぼでもち米の田植えを体験しました。
 強い日差しが照りつける中、児童たちは長めの靴下をはいて田んぼに入り、一列に並んで苗を植えました。最初は「ぬるっとしてる」「うまく歩けない」などと声を上げていましたが、作業が進むにつれ「楽しくなってきた」と話す児童もいました。
 もち米は9月に収穫し、12月にはしめ縄づくり、2月には餅つきをする予定だということです。 

ニュースURL>>http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20140604/CK2014060402000166.html

Share This Post

Lost Password

Register

ツールバーへスキップ